PCMAXのプロフィール検索を使って出会いを見つける

前回書いた「出会い系サイトで素敵な女性に出会う為の具体的な戦術」という文章で、好みのロマンスに出会う為の戦術のうちのひとつ「保留の戦術(妻からの方法を待つ)」について細かく書きました。

ここでは、それほどの戦術です「攻めの戦術(己積極的に女性に方法)」について細かく書いてみたいと思います。

何者とでもいいから出会って、財貨を払ってでもさっそく素早くセックスしたいについてを除き、自分が望むような素敵なロマンスに出会いたい、そして財貨を良識としたセックスではなく、お互いの交信によるきずなによるコッテリセックスをしたいと望んでいるユーザーにとっては非常にお役に立つ一報になると思います。

初めて、前提として、「保留の戦術」で書いたように、自分のプロフィールを充実させるという作業だけは行ってください。「保留の戦術」ほどは手をかける必要はないは思いますが、握りこぶしをかければかけるほど他の男との差別化ができるは請け合いことです。

しばらく、自分のプロフィール欄を充実させた直後、何とかアプローチする妻を探すという作業に入ります。ワクワクしますよね(笑)

こういう「攻めの戦術」は「保留の戦術」に対して、うまくいけば圧倒的に短い時間で好みの相手方を現れるケー。

ただ、こういう戦術はナンパと一緒で比論の世界なので、数字を打たなければなりません。アプローチしても何の音沙汰もなかったり、思ってる相手方はさっぱり違うに関してが結構あるので、それが明々白々だという感じでしれっと乗り越えていく心づもりが必要となります。やはり上手く好機さえ合えば、忽ちバッチリ合う相手に巡り会うこともあるわけですけどね。

さて、ここから具体的なポイントについて書いていきたいと思います。

好みの妻の探す状態、私が主に使用するのは「プロフィール確認」というからくりです。

「プロフィール確認」には下記のような検索できる事項があります。私は結婚していて、探す相手方も今は単に人妻にハマってるので、下記のような事項でプロフィール検索します。

※写真

すると、確認事項に合致する女性がズラッと表示されるわけですね。

※写真

こういう検索結果に表示された妻の中から気になった女性にアプローチしていきます。

私は今までにPCMAXを使って20数人の女性に本当に会いました。後で、1回会って仲良くもならずセックスもせずそれっきりになった女性は経験が定かではないんですがおおかた7ユーザーくらいです。あとの女性は1~2回セックスを通じて終わりになったユーザーもいれば、長く起因が続きお互いの経験に強く刻印なるようなコッテリ起因を築いた女性も何ユーザーかいました。めいめい色んな思い出があります。

そんな過去によって、如何なるプロフィールの妻とであれば奥深い起因を築けて、それゆえにコッテリ凄いセックスができるような起因になれる可能性が高いのか、逆にそのようにはなれない妻のプロフィールは如何なるものなのか、細かく書いてみたいと思います。

まったく出会い系サイトに慣れていないユーザーは、上記の確認数字の最高下の女性に興味を持つユーザーは多いんじゃないでしょうか。
母乳が見えそうなエロい写真などを載せている女性はチラホラといる。でも私の経験上、そんな人の妻は滅多に繋がりがなかったです。
例えばこういう妻の詳細プロフィールの中の本人PR欄は下記の感じでした。

※写真

「志望」を書いてほしい、と書かれていますよね。いわゆる○存在円でセックスしませんか、という人の妻です。
エロい写真を掲載した妻のかなりの率がそんな人だと私は今までの経験から感じています。
こういう女性は本人PR欄でその事を記載しているのでまだいい奴なんですよ。皆目そんな事は書かずに、「カップルという雰囲気でエッチしたい」みたいな事をプロフィール欄には書いていて、本当にメルアドの話し合いを始めると、「○存在円でどうでしょうか?」みたいな事を言い出す法則も結構あるんですよ。そんなのには興味ないから先に言ってくれって感じですよね(笑)

勿論財貨を払ってもいいからすぐにセックスしたいという男にとっては嬉しいyesなんだと思います。
でも財貨など介さずに、きちんと心も通じ合える妻とセックスしたいと望んでいる男性は、エロい写真を掲載した女性は見逃したほうが無難だ。

上記の確認数字であれば、私は上述から3番目という女性が気になります。こういう妻の詳細プロフィールは次のようなものでした。

※写真

こういった簡潔な内容のプロフィールの妻と、私は今まで何人も奥深い起因を築く事ができました。

当然簡潔であればいいってもんでもないんですが、出会い系サイトを使うについてに負い目を感じながらも小さな好奇心で登録してみた、という感じの女性に実際カワイイユーザーが多く、そんな妻のプロフィールは簡潔である事も多い、は本当なんですよね。

当然プロフィール欄を敢然と書き込んだカワイイ女性もいるわけで、おしなべて言えるわけではないんですが、簡潔なプロフィールの妻を簡単に除外してしまわない、は出会い系サイトで素敵な女性に出会う為には大切な事項だと私は感じています。

後は、多少なりともいいから備忘録を書いている妻というのは、いいと思います。備忘録はその女性がどんな人なのか、どんな事を望んでいるのか、といった事が色んな角度から垣間見れるので、凄く参考になるんですよね。それに備忘録のテーマをきっかけにしてアプローチすると、すぐに親密になれたりもしますしね。ひいては組合とか、財貨目的の女性は備忘録を書かないので、そういった者に引っかからない為のリトマス試験紙みたいな役割を果たすことにもなるんですよね。

プロフィール検索する際に最高重要になるのは、「実施もくろみ選び」でどの事項を選択するのか、という点です。「実施もくろみ選び」では、「検索する事項」と「確認から外す事項」をチェックすることができます。例えば私の場合であれば、「内容のある奥深い話し合いができて、ひいてはコッテリセックスができる人妻」を見つけることがもくろみになります。なので、「検索する事項」では先ず「浮気・不貞」をチェックします。ただ、それだけでは潤沢ではなく、他にも「セックスフレンド」「メル後押し」「傍ら・プレイ相手方」「なかなか」という事項にも探査を入れます。こういう「なんとなく」に探査を入れておくというのも重要だと私は感じています。

私が今までに出会った正に綺麗だったとある人妻君は、こういう「はからずも」という事項しかチェックしていなかったんですよね。カワイイので実生活もそれなりに満たされている妻というのは、出会い系サイトではギラギラしておらず、まぁふとした好奇心からやっぱり登録してみたというタイプも多いんですよね。そういった女性も敢然と網羅できるように私は「ついつい」という事項も重視している。妻の内クラスとして、「愛する男性に出会えたらセックスもしたい」と本音では思っていても、「浮気・不貞」「セックスフレンド」に探査をせずに、「メル後押し」「傍ら・プレイ相手方」「どうにも」だけに探査をするについては結構あると思います。そのあたりの事も、訴えるうちに認識として分かってくると思います。

その他の確認事項として、「退屈な時」「エッチごと」「本業」等もあるわけですが、私の場合は上述は中でも選びせずに、未選択のままにしています。(未選びにすると「全品」を選択したということになります)

というのも、私の場合は主に人妻を求めているので、「マミー」に探査をすれば良しわけですが、人妻の場合、「隠し立て」に探査を入れているユーザーも多かったり行なう。そういう事もあるので、このあたりの事項は最も絞り込まずに、未選択のままにしています。このあたりは求める相手方によってなるは思いますが、そこまで重視しなくてよいと思います。

あとは補足となりますが、「ワード確認」という事項が最後にあります。
私はこういう「ワード確認」において、必ずや素敵な女性に巡り合えたので、少し経歴したいと思います。

こういう「ワード確認」というのは、妻の権利話欄(プロフィール)に書かれているワードを検索してくれるからくりです。
例えば私は、想定がとっても好きなので同じように想定に興味がある妻はひどく陳述が合うしごっそり濃い起因になれる事が多いんです。同じように村上春樹の本も凄く好きなので、村上春樹が好きな妻とも凄くコッテリ陳述ができる事が多いんです。

なのでこういう「ワード確認」欄に、「想定」や「村上春樹」と入れると、権利話欄(プロフィール)に「想定」とか「村上春樹」というセリフが書かれている妻を検索してくれるわけです。
マニアックな道楽などであればあるほど、確認なる数字は少なくなるわけですが、そんな道楽を有する輩個々が出会える比も凄く少ないので、出会えれば一気に関わりは深まることが多いんです。
本当に私は想定をやってる大学院生の女子と知り合い、何かと強く語り合う起因になって、そしてすっごくすっごくコッテリセックスをすることができましたし。とにかく試してみてもらいたいからくりです。

こんな感じで確認からくりを使ってみて、気になった妻のプロフィールを何かと見てみて、メルアドで方法をかけていくことになります。
大変長くなってしまったので、如何なるメルアドで私がアプローチしているのか、という点はまた改めて書きたいと思います。

でも、妻のプロフィールを見たり備忘録を見たりして、傍ら感覚でメルアドを通じてみると、相手方も普通にメルアドを返してくれる事が多いし、お互いに思いが合うなぁと感じる事ができれば、丸々二人の関わりは進展していく事が多いんですよね。

相手方のプロフィールや備忘録などを見ると、相手にこちらの「アクセス上」が残ります。その足上を見て、相手方の女性がこちらのプロフィールや備忘録を見てくれる事も多いんです。その際に自分のプロフィールを充実させておけば、相手方から「いいね!」や「気になります」ハイパーリンクを押してもらえる可能性も高まります。

そんな形で、「攻め」と「保留」の戦術を取り混ぜながら働くのがよいのかなぁと思いますね。

まずはプロフィール検索してみて、色んな妻のプロフィールを見てください。見るだけでもおかしいんですが、色んなプロフィールを見て、そして方法メルアドを通じて話し合いなどをしていくうちに、どういうプロフィールの女性があなたと相性が合うのか分かってくるようになりますよ。

出会い系サイトを介してのコンタクトって本当に興味深いんですよ!
ものすごい刺激と歓喜を味わうことができるんですよね。

あんなコンタクトをどうしてもあなたも楽しんでください。

ここまでこんなに長い拙い書簡を読んでくれて本当にありがとうございます。

こういう一報が多少なりともあなたの素敵なコンタクトのお役に立てれば実際嬉しいです♪

⇒⇒ PCMAXを試してみるならここからどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ