アシュレイ・マディソンは女性がほとんどいないという衝撃の事実

8月27日(2015年)に出会い系サイト業界にとって衝撃的なニュースが流れました。それは、あの話題の不倫サイト「アシュレイ・マディソン」に関するニュースでした。

カナダに拠点がある不倫サイト「アシュレイ・マディソン(Ashley Madison)」は、あっという間に全世界へ広がっていきました。

堂々と不倫をすることを推奨するようなその「アシュレイ・マディソン」の戦略は、賛否両論を巻き起こしましたが、発祥のカナダを始め、多くの国で登録者数を圧倒的に増やしていきました。日本もそうでしたね。「アシュレイ・マディソン」の発表では、約3100万人の男性会員と約500万人の女性会員がいるということだったんですね。

アシュレイマディソンには女性がほとんどいない!?

ただ今回、あるハッカー集団が、「アシュレイ・マディソン」のデータベースをハッキングして、衝撃的な発表を行ったのです。

『女性会員のほとんどは「偽物」で「実際にサイトを使った形跡がなかった」』と。

ハッカー集団が詳しくデータを分析したところ、女性アカウントの多くはアシュレイ・マディソン内で作られたとみられるテストアカウントだったらしいんです。そして実際にサイト上でメッセージ確認やチャットを行った女性ユーザーというのは、「わずか数千人しかいなかった」らしいんですよね。逆に男性は数百~数千万人が使っていたらしいですね。

そしてハッカー集団はこのような結論を発表しているようです。

「アシュレイ・マディソン(Ashley Madison)は、数千万人の男性たちが実在しない女性のためにメールを書いたりチャットをしたりして、無駄なお金を費やすだけの場所にすぎなかった」と。

このニュースは日本国内にも大きな衝撃を与えました。

あの鳴り物入りで登場した「アシュレイ・マディソン(Ashley Madison)」も、多くの悪質な出会い系サイトと同じようなものだったのか、と。

アシュレイマディソンよりも大手で優良な出会い系サイトは日本にある!

このようなニュースを見るにつけ、やっぱり出会い系サイトの運営というのは難しいんだなぁと思いますね。

短期間でサイト規模を大きくしようと思うと、やっぱりどこかで無理が発生してしまうわけです。

最初から男性会員をだまして金を巻き上げようと考えている悪質な無料出会い系サイトとアシュレイ・マディソンを同等に評価することはできないと思いますが、ただやっぱりそこまで優良なサイトではなかったと言わざるを得ませんよね。

本当に出会える優良な出会い系サイトというのは、ほんの一握りしか存在しないという事実が、今回のアシュレイ・マディソンのニュースでも証明されてしまったわけですね。

出会い系サイトを使うのであれば、目新しいサイトに飛びつくのではなく、昔からずっと運営されている優良であると評判の出会い系サイトを使う、ということを徹底するしかないということなんでしょう。

—————————————–

※出会い系で人妻と簡単に不倫セックスする方法を書いた記事も是非読んでみてください!

出会い系で人妻と簡単に不倫セックスする方法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ